怒涛の怒涛の怒涛の・・・

「気合だぁ! 気合だぁ!気合だぁ!」 連呼型のアピールで有名なのはアニマル浜口さん。
でも、連呼型アピールなら、こちらのほうが歴史があるのでは。

画像「怒涛の英語力」という、英語を徹底的に勉強する事で大学入試を突破するというコンセプトの予備校の宣伝。
『怒涛:荒れ狂う大波』というのを『英語力』にくっつけたコピーがなんとも泥臭いが、それにも増して、「ヤマトタケルノミコト」という『英雄』をイメージキャラとしたところも、もっと素人臭い。
と、はじめは思っていたのですが・・・

だんだん、その馬鹿馬鹿しさに慣れてくると、なんとなく「お懐かしやー。頑張ってね~」というような感情がわくからあら不思議。
最近は勢いにのり「なぽれおん君」なる英雄が登場。
それにしても、このモデル。
いかにも素人っぽい写りなんですけど、誰がやっているのかなぁ。
予備校の講師だったりして・・・

この記事へのコメント

motoki
2006年03月12日 21:44
「なぽれおん君」バージョン、今日見つけました。ここの広告は以前から気にはなっていましたが、ここに通いたい(通わせたい)かと問われたら・・・・・
正直ビミョー・・・・・
2006年03月12日 22:07
なぽれおん君のモデル、女性のように見えませんか?
ひょっとして、講師の先生だったりして・・・
そうだとすれば、ノリのよい講師陣であることは確実。

この記事へのトラックバック