ネコ好き:オテテプロレス後編

画像「ちゃんちゃか、ちゃかちゃか。ちゃんちゃか、ちゃかちゃか。ちゃんちゃかちゃっちゃっちゃ。ちゃららら・・・」←『コバルトの空』のつもり。
「カーン」オテテプロレスがゴングと共に開始されました。

両者にらみ合いが数秒間続き、ブラッシー・トムは上目がちでにらみを利かせている。
突然トム、ジャイアント・オテテを両手でがっしりとつかんで、嚊みつき攻撃。
オテテもそうとはさせじと、体をめいっぱい広げて掌をトムの鼻先にくっつける。
小さな鼻の穴を塞がれたトムは、口で息をしながら何とか歯を食い込ませようとするが、悲しいかな1ミリほどの小さな前歯は、何の役にも立たない。

おもむろにトム、後ろに倒れて後ろ足でネコキック。
連続ネコキックが、オテテの掌を襲う。
キックそのものは後ろ足で爪が磨いでないので攻撃力は弱いが、蹴りの反動で抱え込んだ前足の爪がオテテの掌背に食い込み、血がにじむ。

おーっと、オテテの双子の兄弟、レフトハンド登場。
左右のオテテ兄弟が、ブラッシー・トムの両腕をつかんだ。
出たー、ビル・ロビンソン直伝のネコネコ風車ぁーーー。

普通ならここで激しく背中を打ち付けられてフォール。
「ワン、ツー、スリー」のはずだが、さすがネコ族の平衡感覚と柔軟性。
マットに背中を打ち付けられる直前、胴体を180度回転させ、四本足で軟着陸。

再度、ブラッシー・トムと、オテテ・ブラザーズのにらみ合いとなる。
オテテ・ブラザーズ、おもむろにトムの両腕を羽交い絞めにし、一緒に回転を始める。
ネコネコ・ジャイアント・スイングだー。
1回、2回、3回・・・
10回くらい回ると、両者限界に達してそのまま倒れこみ、毎回引き分けで試合は終わる。
天井が回って気持ちいい。
ふと隣を見ると、トムの目もぐるぐると回っていた。


*写真はShige☆Hさんから、お借りしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • つう

    ネコって飼い主の身体の一部を別の生き物に見立てて攻撃してくるんですよね~。あれって不思議、想像力豊かなんだかおバカなんだか?攻撃の最中は完全に飼い主の手だってこと忘れてます、それとも忘れたふり?
    2006年02月16日 16:32
  • Dr.OK

    それでも、わずかながら手加減してくれているのは伝わってきて、それがまたカワイイィーーー。
    2006年02月16日 17:16

この記事へのトラックバック