2ちゃんねる

久しぶりに『2ちゃんねる』の痔の掲示板をながめていたら、同僚(と思われる)医師がやりだまにあげられていた。
投稿記事によると、患者さんの質問に対して適切な応対をしていない事が、問題になっているようだ。

双方から事情聴取したところで確実なところはわからないだろうが、対応のまずさで患者さんの怒りを買ってしまったことは確かだ。
医者は、ある意味では人気商売。
患者さんに理想の医者像を聞くと、必ず上位に来るのが「優しい医者」
「愛想が悪いが実は名医」なんてのは、医療の現場から考えてありえない。
第一、患者さんと良好なコミュニケーションがとれなければ、正確な問診(病気の経過などを聞き出すこと)をすることもできない。

プロフェッショナルとしては、どんな患者さんにも適切な対応をしたいものだが、中にはどうしても扱いに困ってしまう患者さんもいる。
丁寧に説明しても、自分の経験から信じこんでいる『思想』から出てきてくれない。
そこを何とか説得するのがプロだとはわかっていても、外来という制限時間が限られている現状ではどうしようもない事もまれにある。

5月から新しく始めるアイビークリニック。
今よりは時間を使って、患者さんに説明できるだろうとは思っているが、かといっていくらでも説明できるほど外来が空いていたらどうしよう(゚_゚i)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック