我慢の日々

7番アイアン、Dr.OKです。
相変わらず、球が揚がらんとです・・・
アプローチの練習のふりをして、周りの目を誤魔化しているとです・・・

我が師匠の教えによると
「長いショットも短いショットも、体の使い方は同じ。今の時期、飛距離を気にせず正しいフォームを作る事が大切。変な癖がつくと、結局スコア90を切れません」
聞くところによると、宮里優さんの指導も30ヤードの短いショットから始まるそうである。
短いショットの中にスイングで大切な要素が恐縮しているからだ。

とはいっても、いつも朝錬で顔をあわせるおじいちゃん。
腰を中心に上半身を大きく振り回すような、誰が見ても『正しくない』フォームで、キッチリと高い球を正確に飛ばしている。
焦りますぅ(-”-;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 雨男

    練習 頑張ってますね。。私の場合、「クラブが仕事をしてくれる」を信じて特別な打ち方はしないようにしています。スィングが崩れてきますので。。物理として考えると、どうすべきか 何か理屈は見えてきたりもします。「そうか そうすればいいのか。。」「そういえば プロのスィングも同じ動きだ。」なんて、分かったような、分からないような。。でも練習続けると何か見えてきますね。我慢=継続あるのみですかね。。ちなみに「ボールが上がらない」で検索するとこんなん出てきました。なるほど。。とも思いますが。。。ご参考。。
    【弾道が低い、という悩みを持っている人】
    バックスイングでクラブ・シャフトを立てる意識を持つといい。グリップ・エンドが地面を指すような形。
    右腰を過ぎたあたりで、グリップ・エンド部分が下を向くように意識してバックスイングしていけば、スイングの軌道がタテになり、結果としてボールがスムーズに上がる。
    この逆をやっていると、スイング軌道がヨコになり、
    フラット・スイングになって、ひっかけやプルが多くなる。
    http://home.catv.ne.jp/dd/kano/index.html
    2005年12月24日 01:22
  • Dr.OK

    貴重な情報、ありがとうございます。
    早速、今日の朝練で試してみます。
    今日は、今から出て、仕事の前に検見川で練習です。
    高速道路、空いてるといいなぁ(^^ゞ
    2005年12月24日 05:48

この記事へのトラックバック