ネコ好き:8つの命

妹が拾ってきたシマネコ。
はじめは『借りてきた猫』そのもので、オドオドした目で何をするにも注意深い慎重派。
それが一ヶ月もすると新しい環境にも慣れ、本来の『お調子者』の性格を発揮してくれる。

様々なものに興味をもつ。
特に動くものには、あとさき考えずに突進していく。

ある夕方、その事故はおきた。
高いところの荷物を踏み台に乗って整理していた母が降りようとした瞬間、母のかかとを目指して突進。

「ゴキッ」
と鈍い音がしたように思えた。
母が足首を捻挫した音か、子猫の頭が踏みつけられた音かわからなかった。

音と同時に、子猫は頭を中心に床をクルクルと3回ほど回ってそのまま倒れた。

動かなくなった子猫を見てみると、目をつぶって小さな息をしている。
あるかないかの小さな鼻からは、うっすらと血が出ていた。

まだ医学知識を持ち合わせていない高校生OKは、それまでの人生の中で一番うろたえた。
「頭をつぶされて、陥没骨折」
かと思ったが、外見上何の変化もない。
ただ、ぐったりとして、呼びかけても反応しない。

隣のおばあさんに相談したところ
「大丈夫、ネコは8つの命があるっていうくらい、丈夫だから」
と、全く心配するような気配はない。

そういわれても、心配で心配で、夜通し添い寝して看ていた。
朝の光が差し込む頃、いつのまにか寝てしまった高校生OKは、頬にサンドペーパーでこするようなジャリっという感触を覚えて目が覚めた。
子猫が小さな舌でなめたのだった。

すかさず、そばに置いてあったミルクを注ぐと
「ぴちゃぴちゃぴちゃ」
と美味しそうに平らげ
「にゃおん」
と、何事もなかったように一声鳴いた。

それからというもの、「ネコは丈夫だ」という新たな認識が支配した。
子猫相手の、『お手々プロレス』という、いささか乱暴な遊びが始まった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • うに

    ネコってそんなに頑丈なんですか。ノラ猫を遠くから愛でるばかりの私には驚きのエピソードです。「ゴキッ」って聞こえたら普通はどこか潰れたと思いますよね。
    夜通し添い寝で看病する所がDr.OKらしいですネ(^^)

    2005年12月22日 05:35
  • つう

    トム君、大事に至らなくて良かったです。お母様の踏みつけ方がよかったのでしょうか??子猫の頃は不慮の事故が多いですね。我が家の隣のおばちゃんに踏まれた子猫は残念ながら1つの命でした。
    2005年12月22日 16:44
  • Dr.OK

    道路で不慮の事故にあった犬やネコの亡骸を見つけると、心が痛みます。
    必ず、「南無阿弥陀仏」を三回唱えて、成仏できるようにお祈りすることにしています。
    でも、運転中は合掌すると、危ないですね(^^ゞ
    2005年12月22日 22:03
  • えーーーー、ほんと何事もなかったようですね。。
    8 つの命ですか。。。隣のおばあさん、さすがですね。
    と言うか、何者ですか?凄いですね。
    2005年12月23日 01:43
  • Dr.OK

    最近お知り合いになった人のマンションで飼われている人なつこいネコ。
    なんと、4階から転落して、「カナリヤバイ」状態だったけど、助かったそうです。
    2005年12月23日 04:16

この記事へのトラックバック