アプローチショット

画像ピッチングウェッジを教わった。
「ゴルフは確率のゲームですから」
我が師匠は、飛距離ばかり強調されることに批判的だ。
「初心者はパー+2でゲームを組み立てるのが、好成績を残すコツです」

家の近くに、天然芝のゴルフ練習場を見つけた。
日曜日の早朝ともなると、ご近所の腕自慢と思われる面々が、一階席にずらーっと勢ぞろいする。
「カキィーーーン」
「パキィーーーン」
あちこちから、金属ヘッドドライバー特有の快音が響き渡る。
『おじいちゃん』と呼ばれてもおかしくない男性も、元気にフルスイングして200ヤード先のネットを揺らしたりしている。

そのなかに混じって1人「コツン、コツン」と景気の悪い音をさせて、30ヤード先の杭をめがけて黙々と練習するDr.OK。
あまり、人の目を気にしない性格だが、さすがに居心地は悪かった。
すぐ手の届くようなところに、10円玉をばら撒いているような感覚がもったいない気がするのは、本質的にケチだからなのでしょうか・・・

どなたか、東京近郊でのびのびとアプローチショットの練習ができる施設をご存じないですか。

この記事へのコメント

雨男
2005年12月12日 21:49
練習 お疲れ様です。アプローチショット専用練習場あり!っていうことではありませんが、近所の練習場は実質アプローチ専用サイズです。場所は大田区西馬込-荏原町周辺、練習場は2,3あるものの、広い土地がないのか、ミニサイズしかありません。40~50ヤード程度の広さしかありません。アプローチしか打球を最後まで追えないので、ミドルアイアン以上は芯に当っているか、打感を確認するだけです。(打つとすぐにネット。。曲がっていてもその前にネット。。)ドライバーを打ちたい時は多摩川まで足を伸ばし、河川敷の練習場へ行っております。「皆様のお庭がわり」というコピーの馬込ゴルフガーデンhttp://www.magome-golf.com/accsess.html
確かに練習場と言うより「お庭」というサイズです。
200ヤードのドライバーも1打、15ヤードのアプローチも1打、30センチのパットも1打 どれも1打。。。その積み重ねがスコア。。。と言った元上司、定年をとっくに迎えてますが、ラウンドして勝った事がありません。ゴルフも上がってナンボ。。ですから。。。

この記事へのトラックバック