Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 痔核は手術しても再発するか?B

<<   作成日時 : 2005/09/07 05:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

【脱出する痔核の場合】
「こりゃー、切らなきゃ治りませんねぇ」
と、医学会のコンセンサスを得ているのは、脱出する痔核。
ここで気をつけなければならないのは、腫れて出ている痔核と、腫れていなくても脱出する痔核を混同しない事。
あくまで、手術適応は腫れていなくても脱出する痔核にある。

ここで難しいのは、脱出する痔核を「何処まで取るか」という問題。
取りすぎれば肛門狭窄のような後遺症が残るし、足りなければ脱出が治らない。
手術書や学会発表でお目にかかる痔核は、どれも優等生の痔核で、「ここを取ってください」とばかりに自己主張している。
実際の手術でお目にかかる痔核は、隣り合わせの痔核が中で融合していたり、極端なものは肛門全周性につながっているようなものまである。
「全部キレイに取ったら、肛門が無くなってしまう」
と考えつつ妥協点を探る。
手術も薬と同様「さじ加減」が難しい。

Dr.OKが社会保険中央総合病院大腸肛門病センターで学んだ「さじ加減」の基本は、
@脱出してくる痔核をできるだけ小さく取る事。
A脱出しない部分には手をつけないこと。
B取るか取らないか迷ったら手をつけないこと。
この基本を守ることによって、再発せず機能損なわれない肛門に再生できるのが、真の名人だと思う。

手術を決心した患者さんから不安そうに
「先生、手術したら二度と再発しませんか」
と聞かれる事がある。
こんな時、胸をどーんとたたいて
「大丈夫!まっかせなさ〜いっ」
と言えたら、もっと患者さんが増えるだろうにと思いながら、Dr.OKは
「現在脱出する痔核は手術でなくなりますから、再発しません。しかし、現在痔核とはいえない静脈叢が将来的に痔核となって脱出してくる事はあります。ちょうど、虫歯の治療で一箇所を治しても別のところが虫歯になる事もあるのと同じですよ。」
と答えることにしている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
痔核は手術しても再発するか?B Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる