続:お好きな『体位』は?

画像
久しぶりに一日中家にいる日曜日だったので、今までの記事の参照数を見てみた。
日記的な内容の記事は、100くらいで止まっているのですが、痔やジオンについての記事は月日が経つにつれてアクセスを伸ばしています。
おそらく、検索システムにヒットする事が多いのでしょう。

その中でダントツ一位は
お好きな『体位』は?
という記事。
2005年9月4日13:30の時点で、参照数1472を稼いでいます。
内容は、痔の診察体位についての記事ですが、思わせぶりなタイトルが人目を引いているのでしょうか。
いずれにせよ、肛門科を受診する際のネックが、相変わらず診察体位にある事も想像できます。

前回の記事で、
「男性の場合は砕石位、女性の場合はシムス体位で診察する事が多いが、男性だって恥ずかしいのでは・・・」
という意見を述べました。
そこでアンケート調査を行い
①正確な診察のために、砕石位で診察を受けたい。
②まず、シムス体位で診察を受けて、必要に応じて砕石位で診察を受けても良い。
③砕石位の診察は絶対に受けたくない。
のいずれかを選択してもらったところ。

女性
①5
②62
③13
と、想像していたとおりの結果が出ましたが、

男性
①20
②26
③2
と、男性でも半数以上が始めはシムス体位での診察を希望している事がわかりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

トレイル琢磨
2005年09月06日 00:27
よく診て貰えるのであれば体位には拘らない性質ですが、砕石位とシムス体位では見え方に大きな差があるのでしょうか。
砕石位はもっと敬遠されてると思ってたんで、男でも4割近い希望者がいたのは意外な結果です。
2005年09月06日 06:28
トレイル琢磨様、コメントありがとうございます。
シムス体位は、おしりの大きな人や肛門が深い位置にある人では、助手の方におしりを広げてもらって診察する必要があります。
砕石位は恥ずかしい体位と思うのですが、女性でも最初から砕石位を希望される方がいたのは、新たな発見でした。

この記事へのトラックバック