★★ジオンニュース★★ 外痔核の処置

画像
ジオンの適応は『脱出を伴う内痔核』となっている。
実際に、痔が出る【脱肛】患者さんの場合、内痔核だけ出ている事は極めてまれなケースで、外痔核を伴った内外痔核という状態で脱出する事が大部分だ。

そこで問題なのが、外痔核が大きな人はジオンの恩恵にあずかれないかと言う事。
外痔核も小さなものなら、ジオンにより内痔核が縮む事で外痔核が肛門内に引き込まれて目立たなくなる事がわかったが、大きな外痔核を伴っている場合では満足な結果が得られるか疑問が残る。

そこでにわかに注目を浴びたのが結紮切除術との併用療法。
外痔核の部分(歯状線より外側)は結紮切除術で処置し、内痔核だけジオンで治療するという方法だ。
先日、併用療法を多数手がけている先輩医師のお話を伺った。

その先輩医師は、ジオンの発売以前より、消痔霊(ジオンとほぼ同じ成分の薬。ジオンのモデルとなった)を中国から輸入して、治療に使っているとのこと。
入院施設のないクリニックなので、通常の結紮切除術を行うと、術後の出血や痛みが問題となる。
その点、ジオン+外痔核結紮切除術だと、日帰りで治療できるし、痛みも手術ほどはないということ。

結紮切除術ならお手の物である肛門科専門医にとって、新たな治療法として多くの脱肛患者さんに適応できる可能性を強く感じるお話でした。

◆ジオンと他の治療の比較は消痔堂.comをご覧ください◆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック