痔瘻は手術しても再発するか?②

画像
【単純痔瘻と複雑痔瘻】
痔瘻根治手術を行っても再発したケースで最も多いのが、痔瘻の原因となっている部位が処理できていない場合。
どうして、このような事が起こるのでしょうか?

痔瘻は肛門の中から細菌が進入して化膿が起こり、肛門の外側に膿の出口ができて、肛門内と肛門外の間にトンネルができているものが大部分です。
左の図のように、肛門内のトンネルの入り口から出口までまっすぐにつながっているものを単純痔瘻、右図のようにトンネルが曲がっていて入り口と出口の方向が違っているものを複雑痔瘻と呼んでいます。

全ての痔瘻が絵に描いたように出口と入り口がはっきりしていれば問題は無いのですが、中には入り口部分がはっきりとわからない場合があります。
痔瘻の手術の場合、多かれ少なかれ括約筋が犠牲になりますから、入り口がはっきりしないからといって必要以上にメスを入れれば括約筋の働きを損ねる恐れがあり、入り口部分に充分な処理ができない事にもなりかねません。
そういうケースで痔瘻の原因となっている入り口部分の処理が不十分となり、再発をきたしてしまう場合があると思われます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック