★★ジオンニュース★★ 痔核スケール

画像
ジオンの注射法は「4段階注射法」といって、一つの痔核の中で4箇所にそれぞれ決まった量を注射する必要がある。
足りなければ脱肛が治らないし、多すぎれば肛門狭窄などの副作用を生じる危険性もある。
注射の量が「〇〇ml」と決まっているなら、注射器の目盛りを読むだけで簡単な事だが、私たちを最も悩ませるのは、第2段階。

注射のマニュアルには「痔核の体積に加えて1~2ml」と非常にあいまいに書いてある。
第一、四角四面ではない痔核の体積を正確に把握する事が難しい。
この点について、自分でプラスチック粘土をこねて、それぞれの大きさの痔核の模型を作ったのが4月の終わりころ。
製薬会社の人に自慢して見せたところ、こんなに立派な痔核模型を作ってくれました。

0.5mlなんて、とても脱出しそうもない大きさの模型まで作ったところは、ご愛嬌(^^)

◆ジオンと他の治療の比較は消痔堂.comをご覧ください◆

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック