Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 肛門周囲膿瘍と痔瘻の親密な関係

<<   作成日時 : 2005/08/27 04:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
肛門周囲膿瘍と痔瘻。
どうも、この二つの病名の区別がはっきりしていなくて、混乱を招く事があるようです。
そもそもこの二つ、一連の肛門が化膿する病気のある時期の呼び名ですから、たとえて言えば出世魚。
「60pくらいをワラサ,90p以上のものをブリという 」
と書いてあるホームページがありましたが、
「じゃあ、75pのときはどう呼ぶんだ??」
という疑問は永遠に続きます。(続かんか・・・)   

話は戻りますが、肛門周囲膿瘍というのは肛門の中から細菌が進入して化膿が進み膿がたまって腫れている状態。
その後、肛門周囲膿瘍は自然に破れて膿がでたり(自然排膿)、病院で切開をされて膿が出て(切開排膿)、腫れが治まります。
腫れが治まった後、大部分は肛門の中の入り口から細菌が進入し続けて、肛門の中と肛門の外にできた膿の出口のあいだがトンネル状態となり、いつまでたっても穴がふさがらない状態の痔瘻となります。
まれにですが、膿が出たあとそのまま治ってしまって、痔瘻にならない場合もあります。

したがって、私の治療方針は図の如く
@肛門周囲膿瘍は切開排膿して、抗生物質治療。
Aその後、一ヶ月程度経過観察
B経過観察中に再度膿がたまったり、一ヶ月たった時点で痔瘻が確認できるものは手術
ということにしています。
ついでに、複雑な痔瘻を長期放置(大部分は五年以上)していると、痔瘻から癌が発生(痔瘻癌)となる事もありますから、痔瘻と確定したらあまり長く放置しているのは危険です。
痔瘻癌になったら、無事治療できたとしても人工肛門は避けられませんから・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私はCD患者でJIRO持ちなんですけど、月経周期と症状がリンクしてます←女性はみんなそうなんでしょうか? 主治医のO先生に見てもらったら少し様子を見ようと言われ、時々シプロキサンを処方して貰ってます。シートン勧められてもそれほど困ってないので気が進まないなぁ。どうしたものかって感じです(=_=) あーでもガン化は怖いんで、今度ちゃんと診てもらおうかしら…。
trm
2005/08/29 21:41
月経周期で骨盤内の血流量に変化が生じ、出血や腫れなどの症状がリンクするものと考えられています。
治療方針は、実際に診察してみないと正確なことはわかりませんから、診察を受けた医師とご相談することをお勧めします。
Dr.OK
2005/08/30 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
肛門周囲膿瘍と痔瘻の親密な関係 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる