★★ジオンニュース★★ 注射後痛

画像
Dr.OKも参加した臨床試験のデータでも、合併症として49%の症例に肛門部痛が報告されています。

先日も、ジオンを注射した患者さんから
「全く痛みを感じないかと思っていましたが、思ったより痛いですね」
という評価をいただいた。
この患者さん
「全く痛くない」
という患者さんと比べると、痔核が大きく注射量も多くなっている。

ではこの痛み、どの程度のものか気になるところ。
二名の痛みを感じた患者さんについて、
①点滴の針を刺すとき。
②麻酔で背中に針を刺すとき。
③午後、麻酔がさめてもっとも痛く感じたとき。
④夕方、鎮痛剤を飲んで痛みが和らいだとき。
⑤翌日
⑥排便したとき。
痛みのスケールで計ってみました。

麻酔がさめる頃は「肛門括約筋の痙攣もっとも痛みを感じる」といわれているが、それを過ぎれば痛みは急速に少なくなるようです。
しかし、一時期でも注射の針をさすより強い痛みを肛門に感じる事もあるわけで、日帰りで行うには医師も患者さんもそれなりの覚悟がいる治療法だと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック