Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 腫れてないのに痛くて出る痔

<<   作成日時 : 2005/08/20 01:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

痔核は、内部で血液が固まって血栓性外痔核やかんとん痔核となって腫れる場合、突然の痛みを生じて出てきますが、痔核の血管そのものが大きくなって脱出する場合は、通常痛みは感じません。
「脱出する痔を押し込む時の痛みがひどく、毎日の排便がつらい。」
こういう訴えの患者さんの場合、まず間違いなく「随伴裂肛」を伴った脱肛。

随伴:供としてつきしたがうこと <goo辞書
裂肛という迷惑な者をお供にしている脱肛なのです。

この裂肛、痔核様が脱肛するたびに引っ張られて裂けるため、通常9割は薬の治療で治るといわれる裂肛とは違って、薬をいつまで使っていても治りません。
その事を患者さんに説明し
「随伴裂肛ですから、早く手術したほうが楽ですよ」
と説得する事にしています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腫れてないのに痛くて出る痔 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる