★★ジオンニュース★★ 2週間目の経過

画像
ジオンの注射をして、2週間目の患者さんが来院した。
入院中、注射の翌日に診察した時には、母指頭大(親指の第一関節までの大きさ)であったのが、示指頭大(人差し指の第一関節までの大きさ)まで縮小。

指で触った感触は、コンニャクよりやや固い程度。
外痔核はもともとないので、外からは全く正常の肛門としか見えない。

肛門鏡で観察すると、表面がやや赤くなっているものの、出血はなし。
注射前は肛門鏡の先で力を加えると、校門の外まで脱出させることができた痔核が、直腸の壁に張り付いたようになっていて動きはほとんどない。

患者さんの感覚でも、痛みや排便時の違和感は無いとここと。
もっとも気になっていた、狭窄を起こすことも無くて一安心。
注射部位と注射量がちょうど良かったんだと思います。

あとは、この状態がいつまで続くのかが問題。
次回は注射後一ヶ月の診察を約束して「おだいじにー」と笑顔で挨拶できました。

◆ジオンと他の治療の比較は消痔堂.comをご覧ください◆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック