キモイとラパ

キモイという言葉を初めて耳にしたとき
「肝い」と思ってしまいました。

試験準備の勉強会でタナベ君が、
「ここは、肝だぜぇ」(ここは、試験の山と思われる)
とよく言っていたものです。

『肝』という言葉は、『肝要』という熟語で使われるように、「非常に重要なこと 」という意味があるのでどうしてもそれに引っ張られて違和感を感じてしまいます。

最近、医療過誤事件などで有名になってしまった、腹腔鏡手術(laparoscopic surgery)を略して使う場合に「ラパ」という言い方をするのですが、これも初めて聞いたときには「???」と思ったものです。

私が研修医の頃で腹腔鏡手術はまだない時代、腹痛の患者さんのレントゲン写真をとって、腸から空気が漏れている所見を見つけると指導医に
「先生、フリーエアーがあります」
と報告します。
この場合、確実に緊急手術が決定され
「よし、ラパだ。すぐ準備にかかりなさい」
という手順になったものです。

ここで言うラパというのは、laparotomyのことで、お腹を切って手術をすることです。
お腹をほとんど切らずに手術する腹腔鏡手術とは全く正反対の手術法の呼び名を、それを知ってか知らないでか、腹腔鏡手術の呼び名として使ってしまう言語感覚が
キモ━━(>∇<|||)━━!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ラブデリック・ラブ
2005年07月02日 11:10
携帯画面をスクロールさせながら真顔で読んでいた所、最後の一行で吹き出して電車内で大注目^^;
『キモイ』‥‥これそのものがキモイですよね。
2005年07月02日 15:47
本来の意味を無視した略語はどうも落ち着かないのですが、結局は使う羽目になってしまうことも多いですよね。
最近ではe-mailを『メール』、ホームページを『HP』なんて・・・
楽しく勉強
2005年07月02日 23:14
医学用語辞典など時間があれば少しでも理解できればと思っても、電車内だと→睡眠へ。このブログだと確実に勉強できますね。・・・・肝要(^^)
2005年07月03日 08:40
面白く『勉強』できる記事も載せますから、今後もよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック