キック界のハルウララ

画像
昨日は、デンジャー高山の試合があった。
戦績19戦1勝6負2分

デビュー戦から彼をみている。
カカトをあげてのフットワークが彼にはできなかった。
隣に座っていたジムの会長らしき人が
「いくら教えても、できない『子』っているんだよねー」
とあきらめ口調でささやいていたのが思い出される。
その後、フットワークは上達したか?
いまだに、すり足で迫っています。

それでも彼は人気者。
彼の表情を見ていると、泣き顔をいうのが想像できない。
「泣きたくなっても笑ってやらなくちゃならないことも多いんだよ」
彼が、本当にそう考えているかは、分かりませんが(∂∇∂)?

練習でもエピソードを残せるのが彼の持ち味。
マットに寝転びながら、防御の練習をしている彼。
(ちなみに、キックボクシングに寝技はない)
「おい、何の練習だい?」
「いやぁ、対戦予定の選手は倒れてからでも攻撃してきますから」
彼が、本気でそう考えているかは、分かりませんが(∂∇∂)?

今回の結果は (´ヘ`;)

P.S.
試合後、TOMO選手の傷の手当てをしていると、兄の武蔵選手(K-1)と中居君(SMAP)が医務室にやってきて、緊張しているTOMO選手を和ませるかのようにギャグを飛ばしてくれました。

中居:先生、大手術ですか?ついでに、この(武蔵選手の)唇も整形してくれませんか?
Dr.T:その唇が無くなったら、似顔絵描きにくいじゃない。
武蔵:先生、ついでに、この腹(中居君のシャツを捲り上げて)脂肪吸引してくれませんか?

フレンドリーな二人に会えて、ちょっち得した一日でした。

この記事へのコメント

つん
2005年06月14日 00:46
デンジャー、う~ん1Rで終わったのが残念。
2勝目を早く見てみたいですよね。
写真のデンジャーの表情もいいけど、Dr.OKの表情も良いですね(^^)
(??)
2005年06月14日 14:50
彼に負けた選手、本当にいるんでしょうか?
引き分けがあるっていうのも凄いですね!
つん
2005年06月15日 01:52
負けた選手、本当にいるんですよ。
以前、某リングドクターに「デンジャーに負けた男」って紹介してもらいました(^^;)

この記事へのトラックバック