Dr.OKの消痔堂日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 手術のさじ加減

<<   作成日時 : 2005/04/27 07:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
痔核って何だか知ってますか?
いぼ痔??
皮膚のいぼとは、全く違うものですので誤解なきよう。
痔の本体は血管なのです。(キッパリ)
この血管、何のためにあるかって?
もちろん、立派に育って痔核になるためです(キッパリ)ウソウソ(* ̄ー ̄)>

実はこの血管の集まり、痔静脈叢といって、肛門のパッキンの役割をしているんです。
そう、パッキン。
水道の蛇口の中にある、水を漏らさないように金属同士の間にはさまっているやわらかいクッションのようなもの。
肛門から水(のような便)を漏らさないようにしているのが、この痔静脈叢なのです。
したがって、痔核の手術をするときにパッキンを全部とったらさあ大変。
下痢になったらムーニーちゃんをしてなくちゃなりません。

だから、手術の時にはなるべくたくさん静脈叢を残し、原因となる痔核を小さく取る判断がもっとも難しくなるのです。
要するに、手術でもさじ加減が大切なのです。

癌の手術だったら、「再発が怪しい」と思ったら取っておく必要があるのですが、(これを外科医は、黄色だったら注意して進めと表現する)、痔核の場合「遠い将来痔核になるかも」と思っても残しておいてその時まではキッチリとパッキンの役割をしていただくことが必要です。

「迷ったら手を出さないでおくくらいが、ちょうど良いんだよ。」
恩師、故隅越幸男先生の言葉の重さをかみ締めながら、今日も手術室に向かいます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手術のさじ加減 Dr.OKの消痔堂日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる