心の中に休日を

画像
いつも入院患者さんを抱えていることもあって、常にポケットベルはON。
休日であっても、なかなか病院から遠くへ離れる気にもなれません。
そんなわけで、いろんな方法で休日気分を出しています。

もっとも手軽に非日常を体験できるのが読書。
椎名誠さんの「怪しい探検隊」シリーズや、あまり人が行かない地域の旅行記など。
夏の真っ盛りの午後、アロハシャツに着替えて蝉の声を聞きながら、でも暑いの苦手(^◇^;)なので冷房を効かせた部屋で、昼寝をしながら椎名誠ワールドにひたると、この上も無くシアワセな気分になれます。
私が注目している、新進気鋭作家「青葉繁」氏も椎名誠を参考にして旅行記を計画しているそうなので楽しみです。

先日、近くの商店街を歩いていたら『ハート・トゥ・アート』という、若手アーティストの文化祭のような催しをやっていました。
展示物を眺めていて目にとまったのがハヤシエリカさんの一連の絵。
主にアフリカを旅行して、そこで暮らしている人たちの絵が、原色を巧みに使った色彩で、短い文章と共に表現されていました。
休日に私がひたっている椎名誠ワールドに共通するものを直感的に感じ、絵葉書五枚を買ってきました。

会場にいらっしゃったハヤシエリカさんにお話しを伺うと、なんと彼女は看護師さん。
最近、青葉繁さんといい、彼女といい、医療関係者でマルチな活躍をしている人たちにめぐり合うことが続いていて、
「自分もマルチに活躍したい」
と刺激を受けることしきりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • まっち

    服装を変えると気持ちも変わりますよね。
    先生の夏にアロハシャツ、とても楽しくなりそうですね!
    ちなみに私は上下綿100%の服で(肌が弱めなのです)のんびり部屋でクラッシクを聴くと、とても心が癒されちゃいます。
    でも今度の休日は久々、外でクラッシクざんまいを計画中。
    東京国際フォーラムで“ベートーベンと仲間たち”をテーマとしたラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」という大きな音楽祭があるのです。
    チケットが安かったのでつい買ってしまいました!
    最近は音薬療法なんていう言葉も耳にしますが、そのパワーをわかるような気がするのは私だけでしょうか・・・
    2005年04月27日 19:06
  • Dr.OK

    まっちさん、コメントありがとうございます。
    学生のころ、半額以下の学生チケットを手に入れてコンサートに行ったものです。今度、久しぶりにWe Wii Rock Youを見に行きます。
    2005年04月27日 22:36

この記事へのトラックバック