★★ジオンニュース★★ 適応症について

画像
さよならプクン
痔で検索をかけた事のある人なら、きっと知っている有名なホームページ。
私は痔主ではないので、残念ながら”メンバア”にはなれないのですが、「プクン」という表現の面白さには感心してしまいました。

痔と一言に言っても、痔核、痔瘻、裂肛などなど、様々な病気の総称なのですが、この「ぷくん」というのはおそらく痔核のことをいっているのでしょうね。
そこで、今回はジオンの適応についてのお話。

先日発表されたジオンの添付文書には、以下のように記載されています。
【効能・効果】脱出をともなう内痔核
そうなのです。まさに「ぷくん」に効くこの薬。

今まで、脱出する痔核を根治的に治すには手術しかない(縛ったり、腐らせたり、焼いたりするのも含む)というのが定説でしたが、ジオンはそれを注射だけで根治的に治してしまうところが売りです。

--ここで、根治治療と言うのは、病気の原因を取り除く治療のことです--。
--従って、根治治療を行っても再発はありえます。--
--腫れた痔核の腫れを治すように、症状をおさえる治療は対症療法といいます。--

「みゃーにち、御不浄で戻すの大変だでかんわ~」
《補足および標準語訳》
「毎日、(排便後に)トイレで(脱出した痔核を)戻すのが大変なんですよー」
という痔主の皆様、朗報ですよ。

◆ジオンと他の治療の比較は消痔堂.comをご覧ください◆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック